花火大会の失敗


2008/08/02(Sat)に、第38回みなとこうべ海上花火大会につれと一緒に見にいってきました。

昔は、子どもを引き連れていったのですが、一番下が高校生にもなると、誰も両親とは行ってくれなくなって、ここ数年は夫婦で行くようになっています。ちょっと、さみしいものですね。

いつもはデジタルビデオとデジタルカメラを持って行くのですが、今年は、デジカメの雑誌に花火の上手な撮り方の記事に触発され、きれいに撮りたいと思い、一眼レフ、三脚、リモートレリーズを持っていそいそと出かけてきました。

今年は、うずまき・ハート型、それに非常に星形のカラフルなものがあり、毎年、感激しています。
観覧場所については、
今までは、ずっとメリケンパークで見ていたんですが、早くに行ってもなかなか前までいけなくていつも仕掛け花火などの下の方が見れなくて悔しい思いをしていました。
昨年は、場所を変えてみようということで新港第一突堤にしたんですが、残念ながら先端は、協賛席ということでお金を払わなくても入れなく、入り口付近で見ました。メリケンパークよりはすいていましたがやはりあまりはっきり見れなく残念でした。
今年は、新港第二突堤にしましたが、ここはすいていて最高です。5:30ぐらいに行きましたが、すきすきでほぼ先端付近の2列目に陣取れました。そして、今まで見ることのできなかった打ち上げ花火の台船も見ることができ、最高でした。

デジカメを設置して、用意万端。7:30に花火大会が開幕しました。
設定は、オートフォーカスははずしてマニュアルで無限遠に、シャッタースピードを4秒にしておきました。
ただ、写していると、4秒では白飛びすることもあったので、いろいろとシャッタースピードのみを変更しながら撮りました。

で、満足しながら家に帰ってきて、自作機のカードリーダーにデジカメのマイクロドライブにつっこむと、ちょっと様子が変。
認識しないので、仕方ないので、外付けのカードリーダーをUSB接続して、そこにつっこむと認識はするが、ファイルが壊れているとのたまいます。
つまり、データ全て飛んでしまいました。
なくなく、再フォーマットして再度使えるようにはなりましたが、花火のデータは全て無くなってしまいました。

みなさんも、十分に気をつけましょう。

カテゴリー: 雑記 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です