50歳代のおっさんが自動二輪に挑戦(8)


2015/08/13(Tue) 2段階5時間目
 前半は、練習ということで、急制動や一本橋、S字、クランクの練習をしました。急制動は、だんだんなれてこつがわかってきました。
慣れるまでは、結構急加速で40km/hまで上げていたのですが、そうするとスピードが出すぎるとスロットルを戻すと失速するし、なかなかうまくいかなかったのですが、ゆっくり加速していくと、スロットルの微妙な感覚で40km/hを維持し、パイロンを過ぎてからおもむろに制動をかけるとうまくいくことができ、余裕を持って対応ができるようになりました。
 後半は、四輪コースにはいって教官の後をつけていくという教習を行いました。二輪専用コースに比べると広いので、加速できる区間が長く気持ちよくできるようですが、教官がいろいろなコースをどんどんと入っていくので、ついていくのが精一杯で、あまり風を感じるところまでいけなかったのが残念です。

カテゴリー: 雑記 | タグ: , | コメントする

50歳代のおっさんが自動二輪に挑戦(7)


2015/08/11(Tue) 第2段階 3時間目
 再度、シミュレーターでの運転となります。今回は、事故防止ということで、バイクなどで事故の多い場合の注意でした。
 事故として多いのは、
 

  • 39
  • 右直
  • 巻き込み
  • 出会い頭

の4つであることを聞き、これらについて実際にシミュレーターで体験することになりました。

事前に話を聞いていたので、注意しながら進行すれば、特に問題なく、終了しました。

後半は、実際に事故に遭われた方の状況とかかわった方のインタビューのDVDの視聴を行い、事故では悲惨な結果が起こるということを再認識させられました。

2015/08/11(Tue) 第2段階 4時間目
 今日も、2時間連続で、シミュレーターの後は実車でした。

 今日は、2段階実車の2回目ということで急制動についてのやり方を教えてもらった。
 まず、直線で40hm/h出す。で、目印のパイロンを過ぎてから前後ブレーキをかけて、停止位置までに停車することである。
 ところが、その前に、この急制動で他の教習所では死者が出ているからと脅すので、ちょっとびびってしまっていました。あの重い車体できちんと無事に止まれるのか。40km/hといえば、一般道で考えるとたいしたスピードではありません、でも、教習所のあの短いしかもゆるやかな下り坂なんですよね。
 1回目、びびりすぎで、目印のパイロンより早くブレーキをかけてしまい、はいやり直し。
 2回目、スピードを出しすぎて、40km/hじゃなくて、45km/hぐらい出てますよ。はいやり直し。
 3回目、ばっちり。
 ということで、okをもらうまでに3回もかかってしまいました。あとは、急制動など自由にということで、苦手なクランクを練習してたんですが、やっぱりだめ。何度も、パイロンに接触して倒してしまいます。教官いわく、また最初の悪い癖がでてて、足と腰と腕で3点で支えていない、足が開いている、アクセルの開き方が急すぎるなどなど、たくさん課題を言われました。そういえば、知らないうちに悪い癖が出てたようです。アクセルは、ほぼ同じ開きで後ブレーキでスピードを調節しろというのです。わかっているんですが、なかなかバランスがうまくとれなくて…。

 とりあえず、終了。教官からは、急制動。良かったですよ。他のも最初に比べるとずいぶんうまくなりましたよ。コメントをいただいた。

 教習後、帰宅後と、次の次のセット〈シミュレーター+学科〉の予約をとろうとしたが、予約のとれる中には空いているところが無く、う~ん、これは卒業遅れるな。とアセリモード。
 しかし、再度もう少ししてから確認すると、おおっ、空いている。誰かがキャンセルしたようだ。ということで、早速、セット教習と実車を予約した。

 これで、残り4時間で教習は終了で、卒検となる。日にち的には3日通えば、卒検を受けることができます。

カテゴリー: 雑記 | タグ: , | コメントする

50歳代のおっさんが自動二輪に挑戦(6)


2015/08/10(Mon) 2段階1時間目
 いよいよ、今日から2段階に入りました。
 最初は、シミュレーターで、シミュレーター初体験なので、とりあえず、進路変更を意識しながら、町を音声の指示通りに動いていくということをしました。
 もう1人の方は、大型なのでMTですが、私は普通ATなんです。どうするのかなと思っていたら、何と、シートごとごっそり変えて、ATでもMTでもできるようになっていました。
 いや、びっくり。へぇーという感じです。

 もう1人の方が、先にされたんですが、機械が「次の信号を右に曲がって下さい」というものですから、右方向指示器を出して、右に寄せたら、後ろから来た救急車と衝突するというハプニングがありました。いやいや、右に行けいうから右に寄せたら救急車、これは罠ですね。確かにサイドミラーを見れば後ろから救急車は来ていますが、やられたという感じでした。

 私の場合は、直前の停車している路線バスが右ウィンカーだしているのに気がつかずに、右方向指示器を出して右から追い抜かそうとして、もう少しで、右に寄ってきたバスと接触するところというひやひやものがありました。

 なかなか、しっかりと観察しないとだめだということがわかりました。

2015/08/10(Mon) 2段階2時間目
 2段階の実車に入って、コースを覚えてきてねということで、一応覚えたんですが、ただ、やはり走ると違います。あれっ?、次どっちだったけということ満載でなかなか迷いました。
 次第に慣れてきましたが、連続で踏み切りを忘れるとかあって、まだまだです。で、やっぱり、クランクが一番苦手ですね。

 次もがんばろう
 

カテゴリー: 雑記 | コメントする

第45回みなとこうべ海上花火大会


昨年は、残念ながら花火大会を見ることができませんでしたが、今年は嫁さんと見に来ることができました。
一昨年までは、新港第二突堤で見ていたんですが、昨年度からこの突堤は協賛席のみになってしまったので、ここはあきらめました。
で、公式ページを見ると、ポーアイ北公園が近くて、他に比べると人が少ないということなので、4時過ぎから場所をとって花火大会に備えました。

IMG_8364 IMG_8349 IMG_8331
IMG_8322 IMG_8321 IMG_8317
IMG_8309 IMG_8267 IMG_8257
IMG_8254 IMG_8204 IMG_8191
IMG_8161 IMG_8144 IMG_8132
IMG_8094 IMG_8087 IMG_8072

今年のプログラムを公式ページから引用します。
神戸海上花火大会2015_プログラム

では、各ステージを動画で見て下さい。

[jwplayer mediaid=”474″]
<オープニング>ようこそ神戸へ
[jwplayer mediaid=”475″]
<シーン1>風薫り花は舞う
[jwplayer mediaid=”476″]
<シーン2>ナイトクルージング
[jwplayer mediaid=”477″]
<シーン3>For you~プレゼントをあなたに~
[jwplayer mediaid=”478″]
<シーン4>願いを光に~戦後70年平和の花火「白菊」/震災20年企画~
[jwplayer mediaid=”479″]
<フィナーレ>ワンダミック神戸
カテゴリー: 雑記 | タグ: | コメントする

50歳代のおっさんが自動二輪に挑戦(5)


2015/08/05(Wed) 5時間目
 今日は、第一段階のみきわめの日だった。A判定をもらわないと、第二段階にいけません。
 しかし、自分の苦手なところを練習しててねという指示だけで、後は特になし。
 途中から、クランクがうまく通過できていないので、後半は一本橋・S字・クランクの練習を重点的にするように指示された。

 で、教習がおわり、あれ、みきわめはと思ったが、A判定なので、第二段階の予約をとってねということで、無事に合格した。

カテゴリー: 雑記 | タグ: , | コメントする

50歳代のおっさんが自動二輪に挑戦(4)


2015/08/04(Tue) 4時間目
 今日は、今までの復習と、新しく坂道発進をしました。
 坂道発進は余裕でしたが、やはり、一本橋とクランクが苦手です。
 一本橋は、最初にスムーズに安定して乗れたら、あとはわりとうまくいくことが多くて、10秒ぐらいで通過することもありましたが、最初がぐらつくともうだめですね。
 クランクは、パイロンは倒すことはなくなりましたが、でもまだまだぎごちない。
 教官には、もっと先を見ろ、体が硬い、バイクと体が一体化していないと言われるのですが、なかなかそうはいかない。気がつくと、すぐ前をみてますね。

 2回目となるバイクを倒しました、立ちごけですね。S字を出るときに、右から来たので一旦停止をしたら、バランスを崩してそのまま倒してしまいました。

 明日が、1段階のみきわめとなるが、一応大丈夫でしょうと言われました。1回で終わりたいものです。

カテゴリー: 雑記 | タグ: , | コメントする

50歳代のおっさんが自動二輪に挑戦(3)


2015/08/02(Sun) 2時間目
 教習って、もっと細かく指示が出て、その指示通りにやるものだと思っていたのだが、全く違った。
 今回は、2回目なので配車番号だけつげられて、昨日のとおり、最初は右回りで一本橋とスラロームやっててねと言われた。で、バイクにまたがったが、教官がこない。他の人を見ると、各々勝手に動かして練習している。ああっ、そうなん。自分で練習していいんだということがわかった。
 で、言われていたように練習。一本橋は、おおっ、8秒ぐらいで通過できるようになった。スラロームも昨日はハンドルを切ってまわっていたが、少し体重移動をして回れるようになった。そうこうしているうちに、教官が来られて、今日はS字とクランクをするということで、一度タンデムでコースを体験。
 練習としては、左回りで一本橋・スラローム、右回りで、S字・クランク・一本橋となった。これを何度か練習したが、一番うまくいかなかったのが、クランク。2つめの角でどうしてもパイロンを倒してしまうことがおおかった。教官がいうには早く回りすぎているらしい。で、次にゆっくりいったらこけかけたので、それを言うと、バイクはあまり傾けず、体を左に起こすといいということで、次からは危なっかしながらも何とかクリアできるようになった。
 そうそう、今日、初めて転倒を経験。一本橋で左に落ちて、左は幅がせまくへたすると脱輪、芝生に突っ込むことになるので、やばいと思って右にハンドルをきると、一本橋にがががっといって、転倒してしまった。う~む。やっちまった。で、車体を起こすのが初めての右側からだったが、最初の事前審査の時に苦労したのがうそのように簡単に起こせた。おそらく、重さの実感がわかっていたので、一気にぐっといったのが良かったのだと思う。事前審査の時は、重さがわからず、力の掛け具合がわからなったのがだめだったのだろう。

2015/08/02(Sun) 3時間目
 今日は、連続で2時間入れたが、この夏の暑さでばてばてだった。
 3時間目は、まずは右回りと左回りと課題練習。途中で、次に8の字を入れるということで、まずは例によってタンデムでコース説明。その後、自分で練習。中に、右回りと左回りも入れながらした。しかし、ここで問題発生。一本橋で通過中、教官に足が開いている、もっととじて足下に押しつけるようにしてバランスをとるんだということ。で、これを実行すると、なかなかバランスをとることができなくなって、一本橋を通過できる確率がぐぐっと下がってしまった。
 これで、あと2時間で、一段階は終了になります。今週中には二段階にいけそうである。

カテゴリー: 雑記 | タグ: , | コメントする

50歳代のおっさんが自動二輪に挑戦(2)


2015/08/01(Sat)
いよいよ、今日から教習がスタートした。
まず、不安は、最初の事前審査で痛めた手首がまだ完治していないことである。この状態で、八の字とかさせられたら、もう最悪の状態です。
二輪の準備部屋で、体・肩・肘・膝のプロテクタをつけ、自分にあったヘルメットをもって教官を待ちました。

いよいよ、教習が始まりました。最初は、センタースタンド立てや倒れたバイクの引き起こしや八の字などの地味な練習を延々とさせられるのではないかと思っていましたが、何と、最初にバイクの基本を教えていただいたあとは、私の後についてきてくださいということで、いきなり実車体験。私は、原付経験があるので、大丈夫でしたが、二輪初体験の人はどうするんだろうと思いました。
しかし、我流で原付にのっているので、いろいろともっともな指摘をたくさんされました。

  • カーブを曲がるときに体が硬くて、しっかり体重移動ができていない。
  • 必要の無いときにはブレーキレバーには指をかけない。
  • ブレーキレバーを握るときは、指3本以上

今まで、しみついた癖はなかなか直りません。

今日の教習内容は、発進・停止・外周の外回り・内回り・細い道の低速走行、最後に、一本橋とスラロームもしました。一本橋は三回練習し、二回は通過できたが、5秒と既定の7秒にはまだまだ。スラロームは何とか、無事に通過。しかし、きちんと体重移動ができなく、完全にハンドルをきることによって曲がっています。

とりあえず、初日は何とか無事に終了しました。手首も無事、何度か、降車時に左にバランスがくずれて、やばいことがありましたが、何とか耐えました。

カテゴリー: 雑記 | タグ: , | コメントする

50歳代のおっさんが自動二輪に挑戦(1)


2015/07/20(Mon)
 今回、一大発心をして、この年にして、自動二輪(400ccまで・いわゆる中型まで)の免許を取ろうと思い立ちました。
 ただ、1つ心配なのは、この年で無事に教習所を卒業して、免許を手にすることができるのかどうかである。

 知り合いにきいたり、ネットで見ると結構中年でもとろうとがんばっている人がいて、決断をしました。
 この日に、入学金を手に握りしめて、受付に赴きました。ネット予約をすると、少し安くなるので、事前に申し込み自体はしておいた。

 すると、受付をすることなく、すぐに軍手を手渡されて、表に出なさいということ。
 何と、いきなり、センタースタンド立て、倒れているバイク(400cc)の引き起こし、八の字とさせられた。どうも、事前審査のようである。
 普段、原付に乗り慣れているので、大丈夫と思っていたが、重い。無茶苦茶重い。これは、やばい、とちょっとくじけかけたが、何とか、倒すこと無く、無事に全ての課題に結構時間はかかったもののクリアした。しかし、ここで、50代の年が露呈してしまった。左回りの押し歩きの時に、どうしてもまっすぐ支えることができず、自分の側に倒れ込んでくるのです。車体が。これを左手で支えようとするのですが、200kgを超える車体を左手一本で支えれるわけが無く、見事に手首をぐねってしまいました。
 入校式が1週間後だったので、1週間あれば直るとタカをくくっていたが、50代という年をなめてはいけない。2週間目の今もまだ、痛くて、完治していません。途中から、手首のサポーターを購入してつけていると、職場の皆様が手首どうしたのと聞きにきます。そのたびに、「実は50代の手習いというか、年寄りの冷や水というか、自動二輪の免許を取ろうとおもっているんです」と。

 とりあえず、一抹の不安はあったものの、受付で説明をうけると、どうしてもだめな場合は、小型に変更が可能だということだったので、そのまま、受付を終了して入校が決定。

2016/07/26(Sun)
 今日は入校式でした。
 入校式は、自動二輪と四輪と合同でした。基本的な説明をしてもらい、あと予約・配車の取り方や教習原簿の取り方・二輪の人だけ、別の部屋につれて行かれて、メットやプロテクタの説明などを受けました。
 次の時間は、運転適性検査(K型)とよばれる検査をうけました。

 私は、普通車免許を持っているので、ここで終了でした。
 免許を持っている人は、学科は二段階で1時間あるだけで、あとは全て免除なので、実技のみに集中できるので、良かったです。

カテゴリー: 雑記 | タグ: , | コメントする

NTTT Myビリングの罠


昨年末に、NTTから、書面による請求がいらない場合は、Myビリングに登録するようにとの案内が請求書&口座振替通知の書面と共に届いた。
もし、この手続きをしない場合は、請求書発行手数料の¥100を徴収するとのこと。
今は、webでの確認は流れですし、ペーパーレス化は私にとっては自然の流れなので、当然のことだと思いました。
しかし、ここからが長かった。

まず、Myビリングそのものは、以前から登録して利用していました。だから、ああ、特に登録をする必要は無いと思っていたのですが、念のためどこかに請求書をweb閲覧に変更するためのチェック欄があるのではないかと思い、探したが特にどこにも無かったので、まあ大丈夫かなと思ってほっておいた。

ところが、年が変わって1月にも請求書が届き、何と¥100引かれているではありませんか。
これはおかしいと思い、いろいろと探ってみると、うちは、NTTファイナンスの方からの請求なので、webビリングとかいうのにも登録しなければならないようだ。で、早速登録したが、特にweb閲覧・請求書発行を停止するようなメニューは無かった。まあ、これで大丈夫だろうと思った。

しかし、またまた、2月にも請求書が届いた。発行手数料しっかり引かれていた。いやいや、私の登録が遅かったからだよねと思っていたが、3月にも請求書が届き、発行手数料が引かれていた。
ええっ、これはどうしたものかと思い、もう一度、NTTのページを見たが、MyビリングのQ&Aには、「Myビリングを登録すれば、自動的に書面は送られません」と書いてある。でも、¥100引かれて送られてくる。

これは、直接、NTTファイナンスに電話をして問い合わせるしか無いと思い、電話した。
オペーレーター曰く、
「あなたのしているMyビリングとは別に申し込まないといけないのです」というので、
「それはどこに登録するところがあるのですか」と問いかけるが、
「わかりました。こちらで登録しておきます」というのです。
電話で、ごちゃごちゃいうのもややこしかったので、すなおに
「わかりました。お願いします」と返答した。

とにかく、意味がわからん。こっちとしては、「どこにそういう設定画面があるのか」、あるいは、「登録する場所があるのか」知りたかったのだが、それは教えてもらえなかった。

で、今日、郵便ポストを見ると、「Myビリング登録完了のお知らせ」というはがきが届いていた。

中身を見てみると、アドレスは、Myビリングそのものであるが、何とユーザーIDが違っていた。早速、アクセスしてみると、同じID, PW, お客様番号の入力画面であるが、前と違うIDでログインすることになるわけである。ログインすると、明らかに前のMyビリングとは違うメニューが表れた。もちろん、請求書をいらないとするメニューは存在しないが、これを登録することによって、請求書は送られてこなくなるわけである。

【まとめ】
これは、いかんだろう。全く、同じログイン画面から違うIDでログインすることによって違うメニューに入るなんて、思わないだろう。

初めて、Myビリングに登録する人は問題ないだろうけど、私みたいに前からMyビリングに登録している人にとってわかるはずもないところだし、フローチャートもあるんだけど、「以前からMyビリングを使用していた人」という選択肢がないから、こちらは、Myビリング登録しているから、再度登録するなんてことは基本的にしない。

これは、罠いがいの何者でもない。
NTTには、フローチャートをもっといろいろな人用にきちんと作り直してもらいたいものである。

この2つのIDは、ログインしてから、統合できることがわかったので、早速統合した。
これで、2つのIDを使い分ける必要もなくなったので、良かったが、最初からこういう風にしてもらいたかったものである。

カテゴリー: 雑記 | タグ: | コメントする